TS8230 EP-881 比較

キャノン(Canon) TS8230とエプソン(EPSON) EP-881 違いは一体何?

キャノンTS8230(公式サイトより)
TS8230とEP-881を徹底比較!違いは?おすすめは?

 

エプソンEP-881(公式サイトより)
TS8230とEP-881を徹底比較!違いは?おすすめは?

 

人気の二大プリンターメーカーといえば、
キャノン(Canon)
エプソン(EPSON)
ですよね。

 

そんな両社のプリンターの最高峰に位置づけするのは、
TS8230(キャノン)EP-881(エプソン)です。

 

はたして、
2つのプリンターはどちらがおすすめなのか?
また、違いはどんなものなのか?

 

業界人「M」が徹底比較して、
両プリンターの魅力に迫ります!

キャノン(Canon) TS8230とエプソン(EPSON) EP-881 基本スペック比較

まずはスペック比較から!
キャノン(Canon)のPIXUS(ピクサス) TS8230と
エプソン(EPSON)のColorio(カラリオ) EP-881を
徹底比較してみましょう!

 

キャノン(Canon) TS8230 VS. エプソン(EPSON) EP-881 基本スペックの違い

エプソン(EPSON) EP-881

キャノン(Canon) TS8230

TS8230とEP-881を徹底比較!違いは?おすすめは?

TS8230とEP-881を徹底比較!違いは?おすすめは?

本体サイズ

349×340×高さ142㎜

373×319×高さ140㎜

質量

約6.8㎏

約6.6㎏

最高解像度

5760×1440dpi

4800×1200dpi

インク色数

6色、染料、独立型

6色、ハイブリッド、独立型

対応インク

KAM(カメ)シリーズ

BCI-380/381シリーズ

スマホからのプリント

対応

対応

カラー液晶モニター

4.3インチ

4.3インチ

タッチパネル

対応

対応

インターフェイス

無線LAN/有線LAN

無線LAN(有線なし)

自動電源ON/OFF

対応

対応

スマートトレイ

対応

対応

給紙方法

前面2段カセット+手差しトレイ

前面カセット+背面給紙トレイ

給紙容量

普通紙100枚、はがき60枚

普通紙200枚、はがき40枚

自動両面印刷

対応

対応

CD/DVD印刷

対応

対応

SDカード印刷

対応

対応

コピー機能

対応/1200dpi×4800dpi

対応/2400dpi

スキャナー機能

対応/1200dpi×4800dpi

対応/2400dpi

FAX・ADF

非対応

非対応

印刷コスト(L判/大容量時)

20.6円

19.4円

印刷スピード(L判)

約13秒

約18秒

印刷スピード(A4カラー)

非公開

10.0ipm

印刷スピード(A4モノクロ)

非公開

15.0ipm

 

上記のスペック比較をみながら、
ポイントについて解説していきます。

キャノン(Canon) TS8230 と エプソン(EPSON) EP-881 を比較 使い勝手

基本スペックは非常に似ている
キャノンTS8230とエプソンEP-881ですが、
使い勝手において決定的な違いがあります。

 

それは、給紙方法です。

 

え?インクの顔料とか染料じゃないの?
と疑問に思う方もいるかもしれません。

 

しかしプリンターを使い倒す上で給紙方法というものは
非常に重要なものになってきます。

 

で、結論を先に言いますと、
キャノンのTS8230の給紙方法の方が格段に用途が広がります

 

ポイントは後トレイ(背面給紙トレイ)です。

 

キャノンTS8230では、
前面給紙カセットとは別に
背面給紙トレイを採用しています。

 

背面給紙トレイイメージ
TS8230とEP-881を徹底比較!違いは?おすすめは?

 

 

背面給紙トレイを採用することで、

 

①用紙を曲げずにまっすぐ給排紙できる(厚紙でもOK)
②のし紙などイレギュラーなサイズの印刷も可能

 

というようなメリットが出ます。

 

プリンターでA4用紙しか印刷しない
という方はもったいない!

 

キャノンのTS8230なら
様々な種類の用紙に印刷ができるので
用途が広がり、使い倒すことが可能です。

 

一方エプソンのEP-881でも背面から給紙は可能ですが、
TS8230とEP-881を徹底比較!違いは?おすすめは?
写真のように1枚しか背面からストレートに給排紙することができません。

 

キャノンのTS8230の場合は、
背面から連続100枚印刷することが可能です。

 

エプソン(EPSON) EP-881

 

なお、キャノンのTS8230の背面給紙トレイからは、
正方形の用紙を印刷することができたり、
名刺サイズの用紙を印刷することもできちゃいます。

 

 

キャノン(Canon) TS8230 と エプソン(EPSON) EP-881 を比較 ランニングコスト

 

プリンターを購入する方の多くは、
ランニングコスト、つまりインクの価格を気にしないで購入する方が多いです。

 

でも、インクって高いんですよ!

 

気兼ねなく印刷していきたいなら、
必ずランニングコストに注目してみてください。

 

上表のスペック比較では、
キャノンTS8230も、
エプソンEP-881も、
それほどランニングコストに違いがないように見えます。

 

しかし、
キャノンTS8230には
互換インクという非常に安いインクを利用することができます。

 

エプソンEP-881には互換インクはありません

 

(互換インクについてはこちらを参照)

 

なんと互換インクであれば
ランニングコストは半額かそれ以下!

 

これだけ差がつけば、
エプソンEP-881よりも
キャノンTS8230に手がいってしまいますよね

 

→キャノンTS8230 互換インクについての詳細を見てみる

キャノン(Canon) TS8230 と エプソン(EPSON) EP-881 を比較 その他のポイント

TS8230とEP-881を徹底比較!違いは?おすすめは?

 

TS8230とEP-881の違いについて、
その他にも細かいものはありますが、
業界人「M」からしてみれば
まあ取るに足らない違いでしょう。

 

例えばインターフェイスで、
EP-881だけ有線LANが使用できますが、
今時ご家庭で有線LANケーブルなんて使わないですよね。

 

例えばキャノンTS8230のインクが文字に強い顔料ブラックを採用している、
とかカタログでうたっていますが
エプソンEP-881の染料インクでも十分きれいに印刷ができますよ。
(水には弱いですけどね)

 

実際のところ、
エプソンEP-881とキャノンTS8230は
どっちがきれいに印刷できるの?
という質問をよく受けますが、
オードリーヘップバーンと、
ヴィヴィアン・リーと、
どっちがきれいなの?
って聞くのと同じです。

 

好みによって分かれるところです。

 

結論!キャノン(Canon) TS8230 と エプソン(EPSON) EP-881 どちらが買いか?

 

いろいろとダラダラ書いてきましたが
もうお気づきですよね?

 

業界人「M」がおすすめするプリンターは
キャノンTS8230です。

 

やはりプリンターを使い倒そうと思ったら、

 

背面給紙トレイは不可欠で、
ランニングコストも圧倒的に安くなければいけません。

 

これら2つのポイントを抑えているのは
キャノンTS8230で、エプソンのEP-881ではありません。

 

TS8230は、下記から激安で購入できますよ。

 

→キャノンプリンターPIXUS(ピクサス) TS8230を激安購入する

 

一方、
やっぱりエプソンの6色インクがきれい!
コンパクトなプリンターがほしい!
という方は、EP-881を購入してもよいでしょう。

 

相対的にキャノンのTS8230をおすすめしましたが、
EP-881がいいプリンターであることは間違いないです。

 

→エプソンEP-881を激安購入する

キャノン TS8230とエプソン EP-881 どっちがおすすめ?業界人が徹底比較します関連ページ

2018年-2019年 キャノン(Canon) 新プリンターの比較とレビュー!
2018年-2019年のキャノンから販売されるプリンターを比較しながら紹介しています。
2018年-2019年 エプソン(EPSON)新プリンターの比較とレビュー!
2018年-2019年のエプソン(EPSON)の新プリンターを比較しながら紹介しています。
2018年-2019年 ブラザー(brother) 新プリンターの比較とレビュー!
2018年-2019年のブラザーから販売されるプリンターを比較しながら紹介しています。

トップ 2016年-2017年新プリンタ コピー機・複合機が安い?