PX-M680F PX-M650F 比較 違い おすすめ

2017年~2018年の新プリンターとして、
エプソン(EPSON)から
ビジネスインクジェットプリンター
PX-M680Fが発売されました。

 

 

PX-M680Fは、前モデルプリンターのPX-M650Fと比べて
一体何が違うのか、気になるところだと思います。

 

 

今回は、エプソンの新ビジネスインクジェットプリンターPX-M680Fと
旧モデルPX-M650Fを徹底比較して、
2つのプリンターの違いを
業界人「M」が分かりやすく解説します。

エプソンのビジネスインクジェットプリンターPX-M680FとPX-M650F 基本スペック比較!

まずはエプソンの新ビジネスインクジェットプリンターPX-M680Fと、前プリンターPX-M650Fの基本スペックを比較してみましょう。

 

PX-M680FとPX-M650F 基本スペック比較

新プリンター PX-M680F

旧プリンター PX-M650F

PX-M680FとPX-M650Fを徹底比較!違いは何?

PX-M680FとPX-M650Fを徹底比較!違いは何?

本体サイズ

425×378×高さ249㎜

425×360×高さ230㎜

質量

約8.7㎏

約6.8㎏

インク色数

4色顔料、独立型インク

4色顔料、独立型インク

対応インク

85/86シリーズ

77/78シリーズ

カラー液晶モニター

2.7インチ

2.7インチ

タッチパネル

対応

対応

インターフェイス

無線LAN/有線LAN

無線LAN/有線LAN

給紙方法

前面1段カセット

前面1段カセット

給紙容量

A4:250枚、はがき:50枚

A4:150枚、はがき:30枚

自動両面印刷

対応

対応

CD/DVD印刷

非対応

非対応

USBメモリー印刷

対応

非対応

コピー・スキャナー

最大600dpi×600dpi

最大600dpi×600dpi

FAX・ADF

対応

対応

印刷コスト(A4カラー)

11.4円

13.5円

印刷コスト(A4モノクロ)

3.2円

4.1円

印刷スピード(A4カラー)

10ipm

7.3ipm

印刷スピード(A4 モノクロ)

20ipm

13ipm

耐久枚数

8万枚

5万枚

エプソンビジネスインクジェットプリンターPX-M680FとPX-M650Fを比較!

上記基本スペックをベースにして、エプソンの新ビジネスインクジェットプリンターPX-M680Fと旧プリンターPX-M650Fの違いのポイントについて解説をしていきます。

 

新プリンターPX-M680Fはコスパが良くなった

 ビジネスインクジェットプリンターの存在意義の一つは、コストパフォーマンスだと業界人「M」は考えています。
明確な定義はありませんが、家庭用プリンター(エプソンならカラリオ、キヤノンならピクサス)に比べて大量にドキュメントを使用するビジネスシーン向けに、コスパがよく、耐久性もあり、ドキュメント印刷に適している、というものが基本的な考え方です。
 今回のエプソンの新プリンターPX-M680Fでは、ビジネスインクジェットプリンターで最も重要と言っても良いコストパフォーマンスが改善されています。
カラー印刷ですと、1枚当たり2.1円の差ですから、なかなか大きな改善だと言えるでしょう。

 

 え?たった2.1円。それだけ?

 

 と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば旧モデルのプリンターPX-M650Fの耐久枚数5万枚をカラーで印刷した場合、2.1円×5万枚で、10.5万円の差が出る計算になります。これは大きいです。

 

 従いましてコストパフォーマンスが良くなった点は褒めるべき改善点ですが、ただしそうは言ってもまだまだ改善の余地はありそうです。もともとのインク価格が高すぎるのに騙されてはいけません。

 

新プリンターPX-M680Fの外寸は改悪に

 大体モデルチェンジをして新しいプリンターになるとダウンサイジングしコンパクトさを売りにするものですが、
エプソンの新ビジネスインクジェットプリンターPX-M680Fのサイズは旧プリンターPX-M650Fに対してサイズが大きくなってしまっています。
スペックダウンですね。
 まあ微妙なサイズアップですが、それにしてもこうした細かいスペックまでしっかりと改善はしてほしいものです。

 

新プリンターPX-M680Fは耐久性が改善

 エプソン新ビジネスインクジェットプリンターPX-M680Fでは耐久性が改善され、旧モデルPX-M650Fの5万枚から8万枚になりました。
旧モデルPX-M650Fの上位モデルPX-M740Fの耐久性が8万枚ですから、同じレンジで旧上位モデルと同様の性能になっているのはまあ良いと思います。
 ちなみに8万枚を5年間で使用した場合、月の印刷枚数は1,333枚となり、従業員規模にして5-6人のSOHO、あるいは部署、での利用という感じになるかと思います。

 

新プリンターPX-M680Fのインク容量は微妙

 ビジネスでプリントするとなると大量に印刷するわけですから、インクがちょこちょこと切れてしまっては交換も面倒くさいです。
上位モデルのPX-M780Fではインクの容量が増量、即ち1セットで印刷できる印刷可能枚数が増加したわけですが、
PX-M680Fではそこまで大きな変化は見られず、残念です。

 

 

新機種PX-M680F

印刷可能枚数

旧機種PX-M650F

印刷可能枚数

標準インク(ブラック)

ICBK86

350ページ

ICBK77

175ページ

標準インク(カラー)

ICC/M/Y85

300ページ

ICC/M/Y78

450ページ

大容量インク(ブラック)

ICBK86

1,100ページ

ICBK78

850ページ

大容量インク(カラー)

ICC/M/Y86

600ページ

―――

―――

結論!エプソンのビジネスインクジェットプリンターPX-M680FとPX-M650F どちらがおすすめ?

 では、エプソンの新ビジネスインクジェットプリンターPX-M680FとPX-M650Fではどちらがおすすめなのでしょうか。

 

 もともとPX-M650Fというプリンター自体がエプソンのビジネスインクジェットプリンターの中では中途半端な存在でしたが、
今回のPX-M680Fも改善はみられるもののやはり中途半端な存在です。

 

 ビジネスで使用することを考えるとやはり気になるところはコストパフォーマンスです。
どれだけ経費削減できるかということは経営者や総務担当者の毎日の悩みの種です。

 

 そんな悩みを解決するためのプリンターがビジネスインクジェットプリンターであるはずなのに、
PX-M680Fのコストパフォーマンスはカラーが1枚当たり10円以上、モノクロも1枚当たり3円以上、
こんな高いのではお話になりません!

 

 つまりどちらがおすすめかというとどちらもあまりおすすめではないのですが、強いていうならば本体価格が安い旧モデルPX-M650Fの方でしょうか。

 

それよりも経費削減を考えているのであれば、上位モデルPX-M780Fの方がコストパフォーマンスを安く設定されています。
プリンター本体価格はPX-M780FもPX-M680Fもそれほど大きな差はありませんので、ビジネスでの使用を検討されているのでしたら、
上位モデルプリンターPX-M780Fの方がいいと思います。

 

→PX-M780Fのレビューはこちら!

 

それでもPX-M680FやPX-M650Fを購入したいというのであれば…

 

→新機種PX-M680Fを激安購入する

 

→旧機種PX-M650Fを激安購入する

PX-M680FとPX-M650Fは何が違うの?徹底比較!関連ページ

EP-880とEP-879は何が違うのか?エプソン (EPSON) プリンター カラオケ(Colorio)を徹底比較!
2017年-2018年のエプソン (EPSON) の新プリンターEP-880と旧モデルEP-879は一体何が違うのか?業界人「M」が徹底比較しながら違いについて解説します!
EP-880とEP-810は何が違うのか?エプソン (EPSON) プリンター カラオケ(Colorio)を徹底比較!
2017年-2018年のエプソン (EPSON) の新プリンターEP-880とEP-810 2つのプリンターは何が違うのか?業界人「M」が徹底比較しながら違いについて解説します!
EP-880のインクを半額以下で購入する裏技
2017年~2018年のエプソン(EPSON) カラリオ(Colorio)の新プリンターEP-880のインクを半額以上の激安で購入する裏技、こっそりお教えします。
EP-710AとEP-709Aの違いを徹底比較!
2017年-2018年のエプソン(EPSON)のプリンターEP-710Aと前機種EP-709Aの違いは?業界人「M」が両プリンターを徹底比較します!
PX-M780F(PX-M781F)はPX-M740Fと何が違うのか?徹底比較!
2017年-2018年新発売のエプソン(EPSON)のビジネスインクジェットプリンターPX-M780Fは、前モデルPX-M740Fと何が違うのか?業界人「M」が徹底的に比較し、辛口に評価・レビューします。
EW-M670FT VS. EW-M660FT 比較!
エプソンのエコタンク搭載プリンターEP-M570TとEW-M660FTの違いは?業界人「M」が徹底比較!
EW-M571T vs. EP-M570T 比較!
エプソンのエコタンク搭載プリンターEP-M570TとEW-M660FTの違いは?業界人「M」が徹底比較!
EW-M970A3T エコタンクA3プリンターはおすすめか?業界人「M」の辛口レビュー
2017年-2018年ににかけて新発売されるエプソン(EPSON)のエコタンク搭載A3インクジェット複合機EW-M970A3Tはおすすめのプリンターか?業界人「M」が辛口にレビューします!
EW-M5071FT エコタンクA3プリンターはおすすめか?PX-M5081Fと徹底比較!
エプソン(EPSON)のエコタンク搭載A3インクジェットFAX複合機EW-M5071FTはおすすめのプリンターか?業界人「M」が辛口にレビューします!

トップ 2016年-2017年新プリンタ コピー機・複合機が安い?