EP-M570T EW-M660FT エコタンク プリンター

エコタンク搭載プリンター EW-M670FT 対 エコタンクEW-M660FT  スペック比較!
※エプソン公式サイトより


 エプソン(EPSON)のエコタンク搭載プリンター新モデルとして

 

FAX機能搭載の複合機・EW-M670FTがリリースされました。

 

前モデルのエコタンク搭載プリンターEW-M660FTとは

 

いったい何が変わったのか?

 

気になるところですよね。

 

業界人「M」が、

 

EW-M670FTとEW-M660FTを徹底比較しながら、

 

両エコタンク搭載プリンターの違いや魅力について解説します!

エコタンク搭載プリンター EW-M670FT 対EW-M660FT スペック比較!

まずは新旧エコタンク搭載プリンターのEW-M670FTとEW-M660FTとの基本スペックについて比較してみましょう!

 

新エコタンク搭載プリンターEW-M670FT と EW-M660FT  基本スペック比較

新プリンター EW-M670FT

EW-M660FT

エコタンク搭載プリンター EW-M670FT 対 エコタンクEW-M660FT  スペック比較!

エコタンク搭載プリンター EW-M670FT 対 エコタンクEW-M660FT  スペック比較!

本体サイズ

375×347×高さ231㎜

515×360×高さ241㎜

質量

6.8

約7.3㎏

最高解像度

4800×1200dpi

4800×1200dpi

インク種類

黒顔料+3色染料大容量インク

黒顔料+3色染料大容量インク

印刷可能枚数(A4カラー)

6,000ページ

6,500ページ

印刷可能枚数(A4モノクロ)

7,500ページ

6,000ページ

対応インク

ヤドカリ(ブラック)+ハリネズミ(カラー)

クツ(ブラック)+ハサミ(カラー)

パネル

2.4インチLCDパネル

2.2インチLCDパネル

インターフェイス

無線LAN/有線LAN

無線LAN/有線LAN

給紙容量

250枚/前面1段カセット

150枚/前面1段カセット

ランニングコスト

カラー : 約0.9円、モノクロ : 約0.4円

カラー : 約0.8円、モノクロ : 約0.4円

FAX機能

対応

対応

自動両面印刷

対応

対応

CD/DVD印刷

―――

―――

カードスロット

―――

―――

ADF

―――

対応

印刷スピード(A4カラー)

8.0ipm

7.3ipm

印刷スピード(A4モノクロ)

15.0ipm

13.7ipm

耐久性

5万ページまたは5年

5万ページまたは5年

 

それでは、上記のスペック表を見ながら、
新エコタンク搭載プリンターEW-M670FTと、旧モデルEW-M660FTの違いについて、
ポイントを見ていきましょう

 

 

エプソンエコタンク搭載プリンター EW-M670FTとEW-M660FT比較 違いその①

エコタンク搭載プリンター EW-M670FT 対 エコタンクEW-M660FT  スペック比較!

 新エコタンク搭載プリンターEW-M670FTで一番大きく変わったのはやはりなんといっても外観とコンパクトさですね。
 新エコタンク搭載プリンターEW-M670FTでは、インクタンクを前面に持ってくることでプリンター本体のサイズ、特に横幅を大幅にコンパクトにしています。旧モデルのEW-M660FTは、もともと「PX-」系列のビジネスインクジェットプリンターの側面に無理やりインクタンクを搭載させたものでした。

 

 海外ではエプソンのプリンターを勝手に改造してインクタンクを横につけた海賊版のような製品が横行していたものをエプソンが苦肉の策で自らエコタンクを搭載するプリンターを販売した、という経緯から従来の形状になっていたのでしょうが、今回の新エコタンク搭載プリンターEW-M670FTは、日本の限られた設置スペースに適したものとして生まれ変わりましたね。

 

 

エプソンエコタンク搭載プリンター EW-M670FTとEW-M660FT比較 違いその②

 EW-M670FTとEW-M660FTのインクは、顔料ブラックインクと染料カラーインク、計4本で、構成は同じです。
インクの種類が変更になりましたが、正直印刷サンプルを見てみても、印字品質などが大きく変わったようには思えませんでした。

 

新エコタンク搭載プリンターEW-M670FTのインクはこちら

EW-M571T対応 インクラインアップ

ブラックインク(顔料)

カラーインク(染料)

 

 ちなみに新エコタンク搭載プリンターEW-M670FTで新しいインクナインナップを採用することにより、若干ですがカラー印刷のランニングコストが高くなりました。新エコタンク搭載プリンターEW-M670FTのカラーランニングコストは0.9円、旧モデルEW-M660FTでは0.8円で、その差は0.1円です。

 

 とはいえ、通常のインクジェットプリンターと比較すると依然としてランニングコストは非常に安いものですので、まあ良しとしましょう。

 

 

エプソンエコタンク搭載プリンター EW-M670FTとEW-M660FT比較 違いその③

エコタンク搭載プリンター EW-M670FT 対 エコタンクEW-M660FT  スペック比較!

 

新エコタンク搭載プリンターEW-M670FTでは液晶ディスプレイが改善されました。

 

サイズは2.2インチから2.4インチと微妙な改善(笑)ですが、そこよりも重要なのはチルト式のディスプレイに変更された点ですね。チルト式とは、稼働可能という風に言った方がわかりやすいかもしれませんが、ディスプレイの向きを変更できるというものです。プリンターを上から操作する場合、ディスプレイが地面に対し垂直であるとよく見えませんが、チルト式で稼働することで、より水平に近い向きまで変更ができ操作性が高まりました。こちらはユーザーのことを考えた改善点として評価したいですね。

 

エプソンエコタンク搭載プリンター EW-M670FTとEW-M660FT比較 違いその④

画像は旧モデルEW-M660FTのもの。エプソン公式サイトより

エコタンク搭載プリンター EW-M670FT 対 エコタンクEW-M660FT  スペック比較!

 新エコタンク搭載プリンターEW-M670FTではADF・オートドキュメントフィーダの採用がなくなりました。こちらは明らかな改悪ですね。

 

 旧モデルEW-M660FTのADF機能では、原稿を30枚までセットでき、ADFによって自動で連続コピーやスキャンをすることが可能でした。ビジネスの使用シーンでは、コピーもスキャンも大量にすることはあるでしょうから非常に便利な機能であったのに、なぜか今回の新プリンターEW-M670FTではADF機能をなくしているんですよね。
 どうしてこうした便利な機能を不採用にしてしまうのか、おそらくターゲットとする価格にコストが見合わなかったのでしょうが、もう少しユーザー目線で商品開発をしてほしいものです。

 

結論!エプソンエコタンク搭載プリンター EW-M670FTとEW-M660FT比較 おすすめは?

 上記のようにEW-M670FTとEW-M660FTとを比較してきました。

 

 機能面での大きな仕様変更は見られず、またADF機能がなくなるなどの改悪はあったものの、大きなコンパクト化に成功したという点は評価できます。特にアメリカなど大きな国土がない日本のプリンター使用シーンでは、限られた場所に設置できるかどうかということは非常に重要な意味を持ちます。本来は機能面での改善も欲しかったところですが、大幅なコンパクト化は、あえて新プリンターEW-M670FTを購入するのに意味があるものと評価します。

 

→新エコタンク搭載プリンター EW-M670FTを激安購入する

 

 

しかし、あまりサイズは気にしないという方であればEW-M660FTは機能面で新プリンターEW-M670FTよりも優れている点が多いです。何より本体価格が販売当初では1万円近く差がついているでしょう。本体価格をできるだけ安くおさえて購入したいという方は、迷わず旧モデルのEW-M660FTを購入していいでしょう。

 

→旧モデルEW-M660FTを激安購入する

 

EW-M670FT 対 EW-M660FT エプソン エコタンク搭載プリンターを徹底比較!関連ページ

EP-880とEP-879は何が違うのか?エプソン (EPSON) プリンター カラオケ(Colorio)を徹底比較!
2017年-2018年のエプソン (EPSON) の新プリンターEP-880と旧モデルEP-879は一体何が違うのか?業界人「M」が徹底比較しながら違いについて解説します!
EP-880とEP-810は何が違うのか?エプソン (EPSON) プリンター カラオケ(Colorio)を徹底比較!
2017年-2018年のエプソン (EPSON) の新プリンターEP-880とEP-810 2つのプリンターは何が違うのか?業界人「M」が徹底比較しながら違いについて解説します!
EP-880のインクを半額以下で購入する裏技
2017年~2018年のエプソン(EPSON) カラリオ(Colorio)の新プリンターEP-880のインクを半額以上の激安で購入する裏技、こっそりお教えします。
EP-710AとEP-709Aの違いを徹底比較!
2017年-2018年のエプソン(EPSON)のプリンターEP-710Aと前機種EP-709Aの違いは?業界人「M」が両プリンターを徹底比較します!
PX-M780F(PX-M781F)はPX-M740Fと何が違うのか?徹底比較!
2017年-2018年新発売のエプソン(EPSON)のビジネスインクジェットプリンターPX-M780Fは、前モデルPX-M740Fと何が違うのか?業界人「M」が徹底的に比較し、辛口に評価・レビューします。
PX-M680FとPX-M650Fは何が違うの?徹底比較!
2017年-2018年新発売のエプソン(EPSON)のビジネスインクジェットプリンターPX-M680Fは、前モデルPX-M650Fと何が違うのか?業界人「M」が徹底的に比較し、辛口に評価・レビューします。
EW-M571T vs. EP-M570T 比較!
エプソンのエコタンク搭載プリンターEP-M570TとEW-M660FTの違いは?業界人「M」が徹底比較!
EW-M970A3T エコタンクA3プリンターはおすすめか?業界人「M」の辛口レビュー
2017年-2018年ににかけて新発売されるエプソン(EPSON)のエコタンク搭載A3インクジェット複合機EW-M970A3Tはおすすめのプリンターか?業界人「M」が辛口にレビューします!
EW-M5071FT エコタンクA3プリンターはおすすめか?PX-M5081Fと徹底比較!
エプソン(EPSON)のエコタンク搭載A3インクジェットFAX複合機EW-M5071FTはおすすめのプリンターか?業界人「M」が辛口にレビューします!
PX-M5081Fのインクを半額以下で購入する方法とは?
エプソンのA3インクジェットFAX複合機PX-M5081Fのインクを半額以下で購入できる裏技をお教えします!

トップ 2016年-2017年新プリンタ コピー機・複合機が安い?