TR8530 TR7530 比較

キャノンのビジネスインクジェットTR8530とTR7530を辛口レビュー

キャノン新ビジネスインクジェットプリンター ピクサス(PIXUS) TR8530とTR7530の違いは?
(TR8530イメージ ※キャノン公式サイトより)

 

 キャノンから2017年-2018年の新しいビジネスインクジェットプリンターとして、
PIXUS(ピクサス) TR8530TR7530がリリースされました。

 

キャノンのビジネスインクジェットにはこれまでマキシファイ(MAXIFY)というシリーズがありましたが
TR8530、TR7530とマキシファイ(MAXIFY)との関係はどのようなものなのか?

 

またピクサス(PIXUS)のFAXモデルとしては旧機種ピクサス(PIXUS) MX923と比べて何が違うのか?

 

業界人「M」がわかりやすく解説いたします。

TR8530とTR7530 カテゴリーは「ビジネスインクジェットプリンター」

 FAX付きの新ピクサス(PIXUS)プリンターTR8530とTR7530は、5色ハイブリッドインクを採用していることから、系列でいうとPIXUS MX923の後継機になります。

 

 これまでのFAX付き複合機PIXUS MX923はいつの間にかビジネスインクジェットプリンターというカテゴリに括られていましたが、キャノンのビジネスインクジェットと言えばマキシファイ(MAXIFY)、でした。
 TR8530とTR7530もFAX付きインクジェット複合機ということで、マキシファイ(MAXIFY)と同じビジネスインクジェットプリンターというカテゴリーに属する形になりました。

 

 TR8530とTR7530の登場により、これまでのFAX付きプリンターMX923は終息機となり、ビジネスインクジェットFAX複合機のラインナップとしてはTR8530、TR7530とマキシファイ(MAXIFY)シリーズということになります。

 

キャノンのビジネスインクジェットプリンター ラインナップ

前モデル

新ビジネス

インクジェットプリンター

ピクサス(PIXUS)

MX923 →

TR8530

TR7530

マキシファイ(MAXIFY)

MB5430

MB5130

MB2730

MB2130

iB4130

 

ピクサス(PIXUS)TR8530とTR7530 基本スペック比較

では、新しいキャノンのビジネスインクジェットプリンターTR8530・TR7530と、既存のビジネスインクジェットプリンターマキシファイ(MAXIFY) MB2730、そして前機種のMX923の基本的なスペックを比較してみることにしましょう

 

PIXUS TR8530 VS. PIXUS TR7530 基本スペックの違いはこれだ!

PIXUS TR8530

PIXUS TR7530

MAXIFY MB2130

PIXUS MX923

キャノン新ビジネスインクジェットプリンター ピクサス(PIXUS) TR8530とTR7530の違いは?

キャノン新ビジネスインクジェットプリンター ピクサス(PIXUS) TR8530とTR7530の違いは?

キャノン新ビジネスインクジェットプリンター ピクサス(PIXUS) TR8530とTR7530の違いは?

キャノン新ビジネスインクジェットプリンター ピクサス(PIXUS) TR8530とTR7530の違いは?

本体サイズ

約438×351×高さ190mm

約438×350×高さ190mm

約463×389×高さ260mm

約491×396×高さ231mm

質量

約8.0㎏

約7.9㎏

約10.6㎏

約11.7㎏

最高解像度

4800x1200

4800x1200

600×1200

9600x2400

インク色数

5色ハイブリッド

5色ハイブリッド

4色顔料

5色ハイブリッド

対応インク

BCI-380/381シリーズ

BCI-380/381シリーズ

PGI-1300シリーズ

BCI-350/351シリーズ

スマホからのプリント

対応

対応

対応

対応

液晶モニター

4.3型タッチパネル

3.0型タッチパネル

3.0型(タッチパネル非対応)

3.0型(タッチパネル非対応)

インターフェイス

無線LAN/有線LAN

無線LAN(有線なし)

無線LAN(有線なし)

無線LAN/有線LAN

給紙方法

前面給紙トレイ

+後トレイ

前面給紙トレイ

+後トレイ

前面1段カセット

前面2段カセット

給紙容量

普通紙200枚、はがき40枚

普通紙200枚、はがき40枚

普通紙250枚、はがき40枚

普通紙250枚、はがき40枚

自動両面印刷

対応

対応

対応

対応

CD/DVD印刷

―――

―――

―――

対応

メモリーダイレクト印刷

SDカード

―――

―――

USBフラッシュメモリ

コピー・スキャナー

1200×2400dpi

1200×2400dpi

1200×1200dpi

2400×4800dpi

FAX・ADF

対応

対応

対応

対応

印刷コスト(A4/大容量インク)

モノクロ3.1円

カラー9.6円

モノクロ3.1円

カラー9.6円

モノクロ3.1円

カラー8.9円

モノクロ3.1円

カラー8.6円

印刷スピード(A4)

カラー10.0ipm

カラー10.0ipm

カラー13.0ipm

カラー 8.4ipm

 

上記スペックをもとに、両プリンターの違いについて解説します。

ピクサス(PIXUS)TR8530とTR7530 ポイントを解説

 上記の表を参考にしていただきながら、新ピクサス(PIXUS)のFAX付き複合機TR8530とTR7530についてポイントを解説してきます。

 

TR8530とTR7530 サイズが大幅にコンパクトに

 まず触れておきたいこととして、新しいピクサス(PIXUS)のFAX付きビジネスインクジェットプリンター(複合機)はサイズが前モデルMX923に比べ大幅に小さくなったということです。
 実際にMX923を初めて見た方ならわかるでしょうが、とにかくデカい!こんなでっかいプリンター、スモールオフィスにはとてもじゃないけど置く場所がない!なくないにしても邪魔!と感じる方も多かったのではないでしょうか。実際業界人「M」が初めてMX923を目にした時は、あまりにもデカく衝撃を受けました。

 

 TR8530とTR7530をMX923と比較してみると、横幅が実に5㎝以上小さくなっています。これは企業努力として評価できますね。(もともとMX923がでかすぎた、というのもありますが)

 

 ちなみにTR8530とTR7530はマキシファイ(MAXIFY)MB2130と比較してもかなりコンパクトになっています。

 

TR8530とTR7530は操作性が格段に向上

 TR8530とTR7530では、比較的大きいTFTタッチパネルを採用しました。
マキシファイ(MAXIFY)や前モデルのMX923には液晶モニターはあるものの、タッチパネルには対応していません。
やはりタッチパネルを採用するとなると、プリンター自体を操作するのに格段に使いやすくなりますね。
ここも評価すべきポイントだと思います。

 

TR8530とTR7530 ハイブリッドインクは一定の客層には○

TR8530とTR7530は、前モデルのMX923と同様、写真印刷につよい染料インクと、文字印刷に強い顔料ブラックを併せ持つハイブリッドインクを採用しています。マキシファイ(MAXIFY)では文字に強い顔料しか採用していませんので、写真印刷ではあまり期待ができません。

 

キャノン新ビジネスインクジェットプリンター ピクサス(PIXUS) TR8530とTR7530の違いは?
(※キャノン電子カタログより)

 

 例えば雑貨店や飲食店などでチラシやPOPなどに写真を綺麗に印刷したい、一方でシフト表や店内伝達書類など文章もはっきりと印刷したい、というビジネスシーンでは、マキシファイ(MAXIFY)の全色顔料ょりも、場面に応じて使い分けられるハイブリッドインク(顔料+染料)の方が望ましいです。

 

 こうした店舗系のニーズにあったハイブリッドインクをそのまま採用したことはマキシファイ(MAXIFY)との差別化ができていて良いと思います。

 

 ちなみにFAX付きのインクジェットプリンターは、キャノンの他に、エプソン、ブラザー、hpも同様に展開していますが、5色ハイブリッド(染料は4色)を持つTR8530およびTR7530が、FAXインクジェット複合機の中ではもっとも画質が綺麗であると判断します(業界人「M」が見た感じ)

 

TR8530とTR7530 ランニングコストは微妙

 TR8530とTR7530では新しく380/381系のインクを採用しています。
ランニングコストを比較してみると、

 

  • MX923よりはやは悪化、
  • マキシファイ(MAXIFY) MB2130と比較するとカラーがやや高め、

 

という内容ですが、大きくは変わらないので、まあまあ、といったところでしょうか。
ランニングコストが安い!とうたっていたマキシファイ(MAXIFY)にはがっかりですが、ランコスが安いのはマキシファイ(MAXIFY)の上位モデル(MB5430/MB5130)のようでしたね。

 

TR8530とTR7530の販売当初では、まだリサイクルインクや互換インクが販売されていないため純正インクを如何に安く購入するか、を考えるしかありません。純正インクは下記から安く購入できますので、安い時期をみて購入しておきましょう。

 

→TR8530・TR7530のインクを激安購入する

 

TR8530とTR7530 レーベル印刷不採用は残念

 TR8530とTR7530では、DVDやCDの表面に印刷ができる機能「レーベル印刷」がなくなりました。
 前機種MX923ではレーベル印刷ができただけに大変残念です。
 キャノンの企画開発部は何を勘違いしているのか、レーベル印刷は一般家庭の消費者が、自分で録画録音したCDやDVDを印刷するためだけに使われていると思っているのでしょうか。家庭向けのPIXUS TSシリーズではレーベル印刷が充実しているのに、ビジネスインクジェットプリンターではレーベル印刷をことごとく採用していません。
 企業ではまだまだCDやDVDでデータ管理をし、その際レーベル印刷は非常に便利な機能なので、ビジネスインクジェットプリンターにこそレーベル印刷機能は採用させるべきなのに、もう少し現場の声を聴いてほしいものですね。

結論!ピクサス(PIXUS) TR8530とTR7530はどちらが買いか?

 これまでピクサス(PIXUS) TR8530とTR7530を、既存のビジネスインクジェットプリンター・マキシファイ(MAXIFY)MB2130や前機種のMX923と比較してきました。
 ではTR8530とTR7530は買いなのか?

 

 MX923が終息に向かう今、TR8530とTR7530はFAX付きインクジェット複合機のカテゴリではおそらく写真印刷を一番綺麗にできる機種です。
 他のビジネスインクジェットFAX付き複合機では、エプソンは顔料をメインにしていますので写真印刷は期待できないですし、ブラザーのFAX付き(電話機付き)は、そもそもブラザーのインクジェットプリンター自体が写真印刷ではキャノンほど評判が良くありません(ブラザーはハイブリッドでキャノンTRシリーズより1色少ない)

 

 TR8530とTR7530のレゾンデートル(存在理由)は「FAX付き複合機なのに写真も綺麗」に尽きます。

 

 つまりFAX機能があって、写真印刷が必要で、文章印刷も必要、というような要望がある方、例えば前述の飲食店や雑貨店のような方々であればTR8530とTR7530を購入するメリットは大いにあるでしょう。

 

 ではTR8530とTR7530のどちらがおすすめか?というと業界人「M」は安い方のTR7530をおすすめします。

TR7530おすすめのキャノンビジネスインクジェットプリンター

 TR8530とTR7530の違いは液晶の大きさと有線LANの有無、SDカード対応かどうか、ですね。
 液晶の大きさは我慢すればいいですし、有線LANも大企業でなければあまり使っていない場合が多いですね(まして家庭ならほぼ使わない)。
SDカードからの印刷は、というとそもそもSDカードって今使いますかね?スマホで写真とって、そのままWiFiでプリンターに画像とばせれば済む話です。

 

 迷ったらとにかく一つ上のモデルではなく、必要な機能が充実しているTR7530を購入することを強くおすすめします。

 


→キャノンビジネスインクジェットプリンター PIXUS TR7530を激安購入する

 

 

それでもとにかく上位機種がいいんだ!
という方は、そういう選択もありだと思います。その場合は下記からどうぞ。
→キヤノンビジネスインクジェットプリンター PIXUS TR8530を激安購入する

TR8530とTR7530を徹底比較!MX923やビジネスインクジェット マキシファイ(MAXIFY)との違い関連ページ

TS8130とTS8030との違いは?
2017年-2018年の新プリンターCanon(キャノン)PIXUS(ピクサス)のTS8130と前機種TS8030は一体何が変わったのでしょうか。業界人「M」が解説します。
TS8130のインクを半額以下で購入する裏技を公開!
キャノン(Canon)の人気プリンターPIXUS(ピクサス) TS8130のインクは高い!そう思っている方に耳よりな情報をお教えします。
XK70とXK50を徹底比較!
2017年-2018年に登場のキャノン(Canon)の新プリンターピクサス(PIXUS) XK70とXK50の違いを徹底的に比較!辛口レビューします!
TS3130とMG3630との違いは?
2017年-2018年の新プリンターCanon(キャノン)PIXUS(ピクサス)のTS3130と前機種MG3630は一体何が変わったのでしょうか。業界人「M」が解説します。
PIXUS TS6130とTS6030の違いを徹底比較
キャノン(Canon)の新プリンターPIXUS(ピクサス) TS6130と前モデルのTS603を徹底比較し、違いについて解説します
PIXUS TS5130とTS5030の違い
キャノン(Canon)の新プリンターPIXUS(ピクサス) TS5130と前モデルTS5030を徹底比較しながら両者の違いや魅力について業界人「M」が辛口レビューします
TS6130のインクを半額以下で購入する裏技をお教えします!
キャノン(Canon)の人気プリンターPIXUS(ピクサス) TS6130のインクは高い!そう思っている方に耳よりな情報をお教えします。
TS5130のインクを激安にお得に購入しちゃいましょう!
キャノン(Canon)の人気プリンターPIXUS(ピクサス) TS5130のインクは高い!そう思っている方に耳よりな情報をお教えします。

トップ 2016年-2017年新プリンタ コピー機・複合機が安い?