MFC-J737DN MFC-J730DN 違い

ブラザー(brother)プリンター MFC-J737DNは前機種MFC-J730DNと何が違うのか?

 2017年の新機種プレインターである、

 

ブラザー(brother)の電話機付ファックス(FAX)複合機・

 

MFC-J737DN

 

前機種MFC-J730DNと比べてどう変わったのでしょうか?

 

 

気になるところですよね?

 

 

業界人「M」が

 

各項目を徹底比較しながら、

 

MFC-J737DNとMFC-J730DNの違いを

 

分かりやすく解説いたします!

 ブラザー(brother)の2017年の電話機付ファックス(FAX)複合機MFC-J737DNは、
インクジェット複合機の中でも数少ない電話機付のモデル
で、しかも本体価格も安い、
ということから非常に人気の高いモデルです。

 

では、前機種のMFC-J730DNと比べて何が変わったののでしょうか?
まずは基本スペックの違いから見てみましょう。

MFC-J737DNとMFC-J730DN 基本スペック比較

新機種 MFC-J737DN

前機種 MFC-J730DN

本体サイズ

400×341×高さ151mm

400×341×高さ151mm

質量

約7.2㎏

約7.2㎏

最高解像度

6000×1200dpi

6000×1200dpi

インク色数

ハイブリッドインク(顔料黒+染料カラー3色)

ハイブリッドインク(顔料黒+染料カラー3色)

対応インク

LC211シリーズ

LC211シリーズ

カラー液晶モニター

2.7インチ

2.7インチ

タッチパネル

対応

対応

インターフェイス

有線/無線LAN

有線/無線LAN

給紙方法

前面2段トレイ

前面2段トレイ

給紙容量

A4:100枚

A4:100枚

自動両面印刷

―――

―――

CD/DVD印刷

―――

―――

メモリーカード印刷

対応

対応

コピー・スキャナー

2400×1200dpi

2400×1200dpi

ADF

―――

―――

印刷コスト(L判)

18.6円

18.6円

印刷コスト(A4カラー)

8.5円

8.5円

印刷コスト(A4モノクロ)

2.7円

2.7円

印刷スピード(L判)

約14秒/枚

約14秒/枚

印刷スピード(A4カラー)

約10ipm

約10ipm

印刷スピード(A4モノクロ)

約12ipm

約12ipm

 

MFC-J737DNとMFC-J730DNの違い ポイントは?

 MFC-J737DNは、前機種MFC-J730DNと比べてどこが変わったのでしょうか?

 

 毎回思うのですが、本当に間違い探しですよ。プリンターメーカーの新機種は、相変わらず新機種ではなく品番が変わっただけです。
はっきり言って、MFC-J737DNとMFC-J730DNに違いはありません。
マイナーチェンジどころかほぼ変更点はないと言っていいでしょう。

 

しいて言えば、クラウド連携に「One Note」が新たに加わった、というところでしょうか。
しかしそんなものも大した違いとは言えないでしょう。

 

 何故プリンターメーカーであるブラザー(brother)がスペックが同じなのに敢えて新しい品番としてMFC-J737DNを世の中に登場させるかというと、市場での値崩れというものが原因になります。一般消費者向けのプリンターであるPRIVIOシリーズは、発売から1年もすると市場売価が半額以下に下がってしまうケースも多々あります。そうすると、プリンターメーカーのブラザー(brother)は、プリンターを高く売り利益を確保することができなくなりますから、新商品が登場されたという名目で、スペックも変わっていないのに売価を上げて世の中にリリースするのです。

 

 メーカーからとってみれば、例えば既に売価が下がってしまったMFC-J737DNの値上げをするのは反感もあり困難ですが、MFC-J737DNと品番を変えて新しい商品だから高いのですよという方が容易ですもんね。

 

 今回ブラザーは同時期にリリースしたA3インクジェット複合機のスペックチェンジに大きく力を注いでいるようなので、このMFC-J737DNの開発には力を入れなかったという感じでしょうか。

 

 MFC-J737DNでただ一つ合格点をあげるとするならば、前機種のMFC-J730DNと同じインクのLC211シリーズを採用しているということです。
同じインクであれば、今までMFC-J730DNを使っていてMFC-J737DNに買い替えた人でも(買い替える必要は全くないと思いますが)そのままインクを使用できます。
また、LC211は既に世の中にでて長く、市場価格がこなれてきていますから価格もお手軽に手に入ります。
更に、裏の手を使えば半額以下で購入ができますから、消費者にとってはありがたいです。

 

MFC-J737DNでも使えるLC211シリーズのインクを激安で購入する方法はこちら

 

結論!MFC-J737DNとMFC-J730DN どちらが買いか?

 前述したようにMFC-J737DNと前機種MFC-J730DNに違いは全くないといって言いです。
 採用しているインクも同じですので、勿論、印字品質にも違いはありません。

 

既に前機種MFC-J730DNは世に出てかなり長い期間販売されていますので、価格も非常に安くなっています。
というわけで、MFC-J730DNを購入することを強くお勧めします。

 

ただし、MFC-J737DNが販売されはじめると、世の中から旧機種MFC-J730DNの在庫がなくなっていきますので、お早めにお買い求めるといいでしょう。

前機種MFC-J737DNを激安購入する

 

 一方で、MFC-J737DN自体は、電話機付きでスペック充実しているのにも関わらず、お買い得なモデルであることは間違いありません。
 前機種MFC-J737DNが店頭からなくなってしまった後、機能充実プリンターをお手軽に買いたいという方は、MFC-J737DNを購入してもいいでしょう。

MFC-J737DNを激安購入する

ブラザー(brother) MFC-J737DNとMFC-J730DNの違いを徹底比較!関連ページ

ブラザー(brother) DCP-J968NとDCP-J963Nの違い
2016年-2017年のブラザープリビオ(PRIVIO)シリーズの最上位モデル、DCP-J968Nは前機種DCP-J963Nと何が違うのか?業界人「M」が徹底比較します!
DCP-J968Nのインクを半額以下で購入する方法
ブラザーPRIVIO(プリビオ)シリーズの人気プリンターDCP-J968Nのインクを激安・半額以下で購入する方法、知ってました?
ブラザー(brother) DCP-J567NとDCP-J562Nの違いを徹底比較!
2016年-2017年のブラザープリビオ(PRIVIO)シリーズの最上位モデル、DCP-J567Nは前機種DCP-J562Nと何が違うのか?業界人「M」が徹底比較します!
DCP-J567Nのインクを半額以下で購入する方法、教えます
ブラザーPRIVIO(プリビオ)シリーズの人気プリンターDCP-J567Nのインクを激安・半額以下で購入する方法、知ってました?
ブラザー(brother) MFC-J6980CDWとMFC-J6973CDWの違いを徹底比較!
2017年発売のブラザーのA3ビジネスインクジェット複合機、MFC-J6980CDWはMFC-J6973CDWと何が違うのか?業界人「M」が徹底比較します!
ブラザー(brother) MFC-J6980CDWとMFC-J6995CDWの違いを徹底比較!
2017年発売のブラザーのA3ビジネスインクジェット複合機、MFC-J6980CDWとMFC-J6995CDWは何が違うのか?業界人「M」が徹底比較します!
MFC-J6980CDWのインクを半額以下で購入する方法とは?
ブラザーのA3インクジェットFAX複合機MFC-J6980CDWのインクを激安・半額以下で購入する方法、こっそりお教えします
MFC-J6995CDWのインクを半額以下で購入する方法とは?
ブラザーのA3インクジェットFAX複合機MFC-J6995CDWのインクを半額以下で購入できる裏技をお教えします!

トップ 2016年-2017年新プリンタ コピー機・複合機が安い?