DCP-J973N DCP-J968N 違い 比較

ブラザー(brother)プリンター 新プリンターDCP-J973Nと旧モデルDCP-J968Nは何が違うのか?

DCP-J973N DCP-J968 違い 比較とは?
※ブラザー 公式サイトより
 2017年-2018年の新プリンターとして

 

ブラザー(brother)からプリビオ(PRIIO)の最上位モデルとして

 

DCP-J973Nがリリースされましたね。

 

前モデルはDCP-J968Nというモデルでしたが、

 

果たして新機種DCP-J973Nと旧モデルDCP-J968Nは一体何が違うのか?

 

業界人「M」が

 

新旧両機種を徹底比較しながら、

 

違いについてわかりやすく解説します。

新プリンターDCP-J973Nと旧モデルDCP-J968Nのを比較してみよう!

 ブラザー(brother)の2017年-2018年のプリビオ(PRIVIO)シリーズの最高峰DCP-J973Nと旧モデルDCP-J968Nは何が違うのか?
まずは基本スペックの比較をしてみましょう。

 

DCP-J968NとDCP-J973N 基本スペック比較

旧プリンター DCP-J968N

新プリンター DCP-J973N

本体サイズ

400×341×高さ172mm

400×341×高さ172mm

質量

約8.6㎏

約8.6㎏

最高解像度

6000×1200dpi

6000×1200dpi

インク色数

ハイブリッドインク(顔料黒+染料カラー3色)

ハイブリッドインク(顔料黒+染料カラー3色)

対応インク

LC211シリーズ

LC3111シリーズ

カラー液晶モニター

2.7インチ

2.7インチ

タッチパネル

対応

対応

インターフェイス

有線/無線LAN

有線/無線LAN

給紙方法

前面2段トレイ

前面2段トレイ

給紙容量

A4:100枚

A4:100枚

自動両面印刷

対応

対応

CD/DVD印刷

対応

対応

メモリーカード印刷

対応

対応

スキャナー

2400×1200dpi

2400×1200dpi

ADF

対応

対応

印刷コスト(L判)

18.6円

18.6円

印刷コスト(A4カラー)

8.5円

8.4円

印刷コスト(A4モノクロ)

2.7円

2.7円

印刷スピード(L判)

約14秒/枚

約14秒/枚

印刷スピード(A4カラー)

約10ipm

約10ipm

印刷スピード(A4モノクロ)

約12ipm

約12ipm

 

DCP-J968NとDCP-J973Nの違い ポイントは?

 上記比較表から、新プリンターDCP-J973Nと旧モデルDCP-J968Nはいったい何が違うのか、ポイントを見てみましょう。

 

もう言わずもがなですけど、ほとんど違いはありませんよね。

 

今回の新プリンターDCP-J973Nも、昨年同様完全なマイナーチェンジです。品番が変わっただけで特別に変わったところが見て取れません。

 

DCP-J973N DCP-J968 違い 比較とは?

 1つだけ明らかに異なったという点が、新プリンターDCP-J973Nでは、新インクLC3111シリーズを採用しているということです。

 

 ただし、黒顔料と3色染料カラーという組み合わせは一緒、印刷サンプルも確認しましたが際立って大きな品質改良がなされていたとは思えません。


 

ブラザー新プリンターDCP-J973Nのインクラインナップ

ブラック

LC3111BK

シアン

LC3111C

マゼンタ

LC3111M

イエロー

LC3111Y

ブラック2本パック

LC3111BK-2PK

4色パック

LC3111-4PK

 

→ブラザー新プリンターDCP-J973Nのインク 詳細を見る

 

 業界人「M」としては、インクの品番変更は、スペックの悪化、だと考えています。なぜならこれまで旧モデルでLC211を利用していて、新プリンターDCP-J973Nに買い替えようとしたときに、残っていた旧モデルのインクLC211をそのまま使うことができないからです。新たにインクをわざわざ購入しなくてはなりません。

 

 こうした消費者の利便性を全然考慮していないのは、プリンターメーカーの傲慢さだと思います。

 

結論!DCP-J968NとDCP-J973N どちらが買いか?

 では、新プリンターDCP-J973Nと、旧モデルDCP-J968Nは、一体どちらがおすすめなのでしょうか?

 

もう賢明な皆様ならお分かりでしょうが、あまりスペックが変わらないのにも関わらず本体価格が値下げで安くなっている旧モデルDCP-J968Nが圧倒的にお勧めです。

 

インクも激安な互換インクが登場していて、純正インクの半額以下で購入することが可能です。

 

店頭在庫が年末にかけてなくなっていきますので、早い段階で購入しておきましょう。

 

旧モデルDCP-J968Nを激安購入する

 

 

ただし、新プリンターDCP-J973Nが旧モデルよりもおすすめできないとはいえ、悪いプリンターということではありません。
ブラザーのプリンターは価格が安いのに、機能充実です。例えばキヤノンやエプソンの家庭用インクジェットプリンター最上位モデルで、ADFの機能はついていません。そもそも本体価格もインク代もブラザーの方が安いです。

 

新プリンターも同じく年末にかけて安くなっていきますので、旧モデルがなくなってしまったら購入してもいいかと思います。
新モデルDCP-J973Nを激安購入する


トップ 2016年-2017年新プリンタ コピー機・複合機が安い?