コピー機 カウンター料金 高い 安くする

コピー機・複合機のカウンター料金が高い!そう感じたあなた、注目です。

コピー機・複合機の月々かかるカウンター料金が高くて困る
そう悩まされている方、多いと思います。

 

私は仕事柄いろいろな方のカウンター料金のお話を聞きますが、
結構多くの方が

 

ああ、コピー機・複合機の営業に騙されてしまっているなあ

 

と思わざるを得ないぐらい高いカウンター料金で、
コピー機・複合機の販売代理店と契約してしまっているのを耳にします。

 

でも次から話すことをちゃんと理解していないと、
おそらくあなたは

ずっと高いカウンター料金を支払い続けることになります。

 

 

業界人「M」が
コピー機・複合機のカウンター料金を安くする方法をお教えします。

たぶんあなたは販売代理店になめられている

コピー機・複合機のカウンター料金やリース料金が高いと頭を抱えている人の多くは、
販売代理店に付け入れられてる可能性があります。

 

まず最初に次のことを知っておいて頂きたい。

 

コピー機・複合機選びのポイント
  1. コピー機・複合機の定価はあってないようなもの
  2. コピー機・複合機のカウンター料金はあなたを見て決められている
  3. 同じメーカーのコピー機・複合機でも、販売代理店によって価格が異なる

 

コピー機・複合機の定価はあってないようなもの

 よくメーカーサイトを見るとコピー機・複合機の定価が250万円とか300万円とか、えらい高い料金で紹介されていますよね。
そこへコピー機・複合機の販売代理店が来て、「お値段お安くしますよ」と250万円を230万円にしたからといって20万円も値引きしてくれた!なんて喜ばないでください。

 

 コピー機・複合機の定価なんてあってないようなもので、販売代理店は場合によっては利益なしでも販売してくれます
 それはその後に必ずつづくカウンター料金や保守料で儲けることができるからです。
もしもあなたの会社が印刷を大量にするのであれば、極端な話コピー機・複合機の本体を赤字で売ってももとがとれますよ

 

コピー機・複合機のカウンター料金はあなたを見て決められている

カウンター料金は、コピー機・複合機の本体以上にあってないようなものです。
トナーの原価率は非常に低く、カウンター料金のコストのほとんどは人件費、研究開発費、広告費など目に見えないものです。
ですので、あなたの勤務先が印刷を大量にするのであればカウンター料金は安くしてくれますし、少なければ印刷単価を下げることが難しくなってきます。

同じメーカーのコピー機・複合機でも、販売代理店によって価格が異なる

リコーでも、キヤノンでも全く同じ品番のコピー機なのに販売代理店によって価格が異なるのってご存知でしたか?
コピー機・複合機の販売代理店は、販売台数に応じてメーカーからリベートをもらえるケースが多々あります。
つまり多く販売台数を伸ばしている販売代理店であれば、たくさんのリベートを原資として、多少突っ込んだ価格でカウンター料金を設定してくれる可能性があります。

 

コピー機・複合機のカウンター料金を安くするには?

コピー機・複合機の販売代理店は、上記の本体代金とカウンター料金をうまくミックスし複雑な料金体系にすることで、
あなたの会社からできるだけ多くお金をとることを虎視眈々と狙っています。
(ちょっと言葉に棘がありますねww)

 

コピー機・複合機の販売代理店と優位に、少なくとも対等に交渉するためには、
現状の印刷枚数であればトータルのランニングコストがいくらがが妥当なのかよく知る必要があります。
(コピー機・複合機の販売代理店も慈善事業ではないので、すべて儲からないような料金設定であればサービス提供はしてくれません!)

 

そのためには多くのコピー機・複合機の販売代理店から見積もりを取り、カウンター料金や本体代金の相場観を知ることが大切です。

 

とはいえ、どこに連絡していいかわからなかったり、販売代理店の何社にも連絡するのが面倒だったりすると思います。
そこでおすすめなのは複合機リース・レンタル一括.jpというサイトです。

コピー機・複合機 カウンター料金 高い

複合機リース・レンタル一括.jpは55社以上のコピー機・複合機の販売代理店から一括で見積もりをとることができます。
さらに見積もりを取るだけなら無料です。これだけのコピー機・複合機の販売代理店からのオファーを知ることができれば、
ぼったくりにあうこともありませんし、またこれまでのカウンター料金を見直せるチャンスになると思います。

 

実際、大木の方が複合機リース・レンタル一括.jpを利用してコスト削減に役立てています。

 

複合機 一括.jp公式サイトはこちら

コピー機・複合機のカウンター料金が高い!安くする方法、教えます【社外秘】関連ページ

コピー機・複合機の市場シェア
コピー機・複合機の国内市場シェア1位のメーカーはどこかご存知でした?業界人「M」が解説します。
コピー機・複合機のリース料金相場
コピー機・複合機のリース料金の相場って、一体いくらぐらいか気になりませんか?もしかしたら現在契約しているリース料金ってかなり高いかもしれませんよ!
コピー機・複合機のカウンター料金相場
コピー機・複合機のカウンター料金の相場って、一体いくらぐらいか気になりませんか?実はモノクロ・カラーの単価って、こんなに安かったんです!

トップ 2016年-2017年新プリンタ コピー機・複合機が安い?