コピー機 複合機 シェア メーカー

2016年のコピー機・複合機国内市場シェアNo.1メーカーは?

コピー機・複合機

 2016年のコピー機・複合機の国内シェアNo.1メーカーはリコー(RICOH)でした。シェア獲得率は23.7%で前年比で0.4ポイント伸長させています。
 コピー機・複合機の国内シェア第2位はキャノンで、市場の23.5%を占めています。1位のリコーとの差はわずか0.2%で、前年比で0.1%シェアを伸ばしています。
 コピー機・複合機の国内シェア第3位は富士ゼロックスで、市場の22.8%を占めています。前年比では2.8%伸長で、1位のリコー、2位のキャノンに迫る勢いです。
 コピー機・複合機の国内シェア第4位はシャープで市場占有率は8.6%、前年比では2.4ポイントの減少です。シャープのコピー機・複合機は、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスなど、セブンイレブンを除く主要大手コンビニエンスで導入されていることが国内4位のシェアを維持する要員となっているようです。
 コピー機・複合機の国内シェア第5位はコニカミノルタで、市場占有率は6.7%でした。前年比では0.2%シェアを伸ばしています。

 

 上記からも分かるように、コピー機・複合機の市場では、リコー、キャノン、ゼロックスの3社が圧倒的な力を持っています。この3社を脅かすような勢力がでてこない限り、コピー機・複合機の市場は守られ、競争が働かず、結果ユーザーへのサービス・価格が改善上することは期待できなくなります。
 コピー機・複合機を我々が安く利用できるようになるためには、市場のバランスが崩れることを期待するしかないでしょう。

style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-7578784563962686"
data-ad-slot="9367729655">

コピー機・複合機の価格を安くするには?

コピー機・複合機のリース料金やカウンター料金が高くて頭を悩ませている方は多いかと思います。

 

コピー機・複合機のリース料金やカウンター料金を安くするには、
結局のところ“あいみつ”をとるしかありません。

 

つまり今までリース契約をしていた業者と交渉するよりも、
リコーの代理店、キヤノンの代理店、ゼロックスの代理店、…など
様々なメーカーからの見積もりを取り、競わせ、
一番条件の良いところと契約をすべきです。

 

ただし、見積もりを取りたいけどどこに聞いたらいいのかわからない、という方もいると思います。
またメーカーに直接問い合わせても、指定の業者1社のみを紹介される可能性が高いので
競争原理が同じメーカー内では働かなくなってしまいます。

 

コピー機・複合機の代理店は、各代理店毎にメーカーとつながりが強い弱いがありますので
例えばリコーの代理店1社から見積もりを取る、のではなく
同じリコーの代理店からでも複数の業者から見積もりを取りたいところです。

 

一度に55社以上のコピー機・複合機の見積もりが無料でとれるサイトって?

A10サイクロン ボルテックス

とはいえ、どこに連絡を取るかわからないし、1社1社見積もりをとっていたら大変です。
そこで、一度に55社以上のコピー機・複合機販売代理店から見積もりが取れる
複合機リース・レンタル一括.jp
を利用することをお勧めします。

 

複合機リース・レンタル一括.jpは無料で利用でき
問い合わせも1分ほどで完了してしまいます。

 

多くの事業者の方からも、コピー機・複合機の見直しができ経費削減ができた
という声が寄せられています

 

コピー機 一括.jp公式サイトを訪問する

コピー機・複合機の国内市場シェアNo.1メーカーはどこ?関連ページ

コピー機・複合機のカウンター料金が高い!安くする方法、教えます【社外秘】
コピー機・複合機のカウンター料金って高いです。でもちょっと待ってください。コピー機・複合機の営業の方に言われたままになってませんか?業界人「M」がカウンター料金を安くする手段をお教えします。
コピー機・複合機のリース料金相場
コピー機・複合機のリース料金の相場って、一体いくらぐらいか気になりませんか?もしかしたら現在契約しているリース料金ってかなり高いかもしれませんよ!
コピー機・複合機のカウンター料金相場
コピー機・複合機のカウンター料金の相場って、一体いくらぐらいか気になりませんか?実はモノクロ・カラーの単価って、こんなに安かったんです!

トップ 2016年-2017年新プリンタ コピー機・複合機が安い?