MFC-J6980CDW MFC-J6973CDW 違い

ブラザー(brother)プリンター MFC-J6980CDWはMFC-J6973CDWと何が違うのか?

2017年販売のA3インクジェット複合機として、

 

ブラザーからMFC-J6980CDWが販売されました。

 

シリーズとしてはプリビオ(PRIVIO)の”WORKS(ワークス)”で

 

もともとあったA3インクジェットFAX複合機のMFC-J6973CDWと同様、

 

ビジネスシーンでの利用が想定されるプリンターです。

 

 

はたして、MFC-J6980CDWは

 

既存モデルMFC-J6973CDWと比べて何が変わったのか?

 

業界人Mが両インクジェット複合機の違いを比較しながら

 

詳しくご説明いたします。

MFC-J6980CDWとMFC-J6973CDWを徹底比較!

 ブラザーの2017年のプリビオ(PRIVIO) WORKSシリーズであるMFC-J6980CDWは、既存モデルMFC-J6973CDWの純粋な後継機ではなく、上位後継モデル的な位置づけになっています。

 

その証拠に、通常後継機種が販売された場合前機種は市場から姿を消していくのですが、メーカーカタログにも両モデルが掲載されており併売されていく形になることが見て取れます。

 

では新しいA3インクジェット複合機のMFC-J6980CDWが既存モデルMFC-J6973CDWと比べて何が変わったのか、まずは基本スペックの違いから見てみましょう。

MFC-J6980CDWとMFC-J6973CDW 基本スペック比較

新機種 MFC-J6980CDW

前機種 MFC-J6973CDW

本体サイズ

575×477×高さ375mm

553×433×高さ310mm

質量

約23.4kg

約16.5㎏

最高解像度

1,200×4,800dpi

6000×1200dpi

インク色数

4色顔料インク

ハイブリッドインク(顔料黒+染料カラー3色)

対応インク

LC311シリーズ

LC113/115/119シリーズ

カラー液晶モニター

3.7インチ

3.7インチ

タッチパネル

対応

対応

インターフェイス

有線/無線LAN

有線/無線LAN

給紙方法

前面2段トレイ

前面2段トレイ

給紙容量

500枚/2段トレイ+100枚/多目的トレイ

500枚/2段トレイ+1枚/手差しトレイ

自動両面印刷

対応

対応

CD/DVD印刷

―――

―――

USBメモリー印刷

対応

対応

コピー・スキャナー

1,200×4,800dpii

2400×1200dpi

ADF

対応

対応

印刷コスト(A4カラー)

6.1円

6.0円

印刷コスト(A4モノクロ)

1.4円

1.3円

印刷スピード(L判)

約14秒/枚

約14秒/枚

印刷スピード(A4カラー)

約20ipm

約20ipm

印刷スピード(A4モノクロ)

約22ipm

約22ipm

 

MFC-J6980CDWとMFC-J6973CDWの違いは?

 新A3インクジェット複合機MFC-J6980CDWは、既存モデルMFC-J6973CDWの違いについて、上記のスペック比較を参考にしながらポイントを説明していきます。

 

MFC-J6980CDWとMFC-J6973CDWの違い 外観

 MFC-J6980CDWとMFC-J6973CDWでは外観が大きく変わり、新機種のMFC-J6980CDWの方がサイズが大きくなり、また重量も重たくなりました。
 奥行、幅、高さがいずれも数センチずつMFC-J6980CDWの方が大きくなっています。広大な国土があるアメリカや中国とは異なり、狭い日本のオフィスでの設置を考えた場合、わずか数センチとは言えサイズが大きくなってしまうというのはスペックダウンといっていいでしょう。

 

MFC-J6980CDWとMFC-J6973CDWの違い インク

MFC-J6980CDWでは、全色顔料インクを採用しました。ちなみにMFC-J6973DCWでは黒のみ顔料インク、カラー3色は染料インクです。

 

顔料インクと染料インクの違いについてはこちら

 

顔料インクは紙に染み込みにくいということで細く小さな文字印刷などには向いていますが、発色性では染料インクに劣るため写真印刷には向いていない特長があります。今回のMFC-J6980CDWは、写真印刷部分よりも、ドキュメント印刷を重視し、よりビジネスシーンを意識したモデルになった、ということがうかがえます

 

MFC-J6980CDWとMFC-J6973CDWの違い ランニングコスト

MFC-J6980CDWではランニングコストが若干改善されました。しかしカラー、モノクロそれぞれ1枚あたり0.1円の差ですので、大きな改善とは言えないでしょう。
一方でMFC-J6973CDWが採用しているLC113/115/119シリーズは市場に出てかなり時間が経過していますので、互換インクというものが存在しています。(互換インクについてはこちら)

 

互換インクであれば、純正インクの半分以下で購入ができますので、ランニングコストも半分で済む、ということです。MFC-J6980CDWのLC311シリーズの互換インクが市場に出るには開発などにまだ時間がかかるでしょうからランニングコストを抑えるのであればやはり既存モデルMFC-J6973CDWです。

 

ちなみに互換インクは世の中に多く出回っていますが、粗悪品であったり、知的所有権を侵害しているものがあったりと、しっかりとしたものを選ばないとトラブルに巻き込まれかねません。互換インク選びには注意と知識が必要です。

 

業界人MがおすすめするMFC-J6973CDW用の互換インクはインク革命の互換インクです。インク革命の互換インクは7万社以上の企業に採用されている実績があり信頼がもてます。また純正インクと見分けがつかないほどの写真印刷のクオリティで、安心です。下記は右が純正インク、左がインク革命の互換インクで印刷したものですが、どちらが互換インクか見分けがつかないほど両者綺麗に印刷できています。
J6880CDW 互換インク

 

MFC-J6973CDW用・インク革命の互換インクはこちら

 

MFC-J6980CDWとMFC-J6973CDWの違い 耐久性

MFC-J6980CDWでは耐久性が向上しています。
既存モデルMFC-J6973CDWでは耐久枚数が10万枚であったのに対し、MFC-J6980CDWでは耐久性が15万枚、実に1.5倍になっています。

 

MFC-J6980CDWとMFC-J6973CDWの違い 給紙

業界人「M」が考える今回仕様変更の最大のポイントは、給紙方法にあると思います

 

前面の給紙トレイに関しては、いずれも250枚ずつの2段カセットを採用していて変化はありません。
一方で背面トレイに関しては、既存モデルMFC-J6973CDWが手差しトレイを採用していたのに対し、
新機種MFC-J6980CDWでは多目的トレイを採用しています。

 

MFC-J6980CDW

多目的トレイ

MFC-J6973CDW

手差しトレイ

J6880CDW 多目的トレイ J6880CDW 多目的トレイ

多目的トレイと手差しトレイのコンセプトは基本的には一緒で、「規格外のサイズの用紙や厚紙などを、ストレート排紙で印刷する」というものです。A4サイズやA5サイズのコピー用紙ではなく、例えばハガキ、のし紙、厚紙、など多様な用紙を印刷しやすいのが多目的トレイであり手差しトレイです。

 

MFC-J6973CDWの手差しトレイでは1枚1枚ずつしか用紙を印刷することができず、また上手く用紙を手で支えながら給紙してあげないと曲がって印刷されてしまうというものでした。

 

一方でMFC-J6980CDWの多目的トレイは、用紙を100枚セットすることができ、手で支えなければいけないということもありません。つまり多様な印刷に対応できるようになったのがMFC-J6980CDWなのです。

結論!MFC-J6980CDWとMFC-J6973CDW どちらが買いか?

 上記のようにMFC-J6980CDWとMFC-J6973CDW両プリンターを比較してきましたが、どちらがおすすめなのでしょうか。

 

業界人Mとしては既存モデルMFC-J6973CDWをおすすめします。

 

MFC-J6980CDWとMFC-J6973CDWでは基本的に大きな変更はなく、多目的トレイの改善はあるものの、通常のコピー用紙を印刷する際には特に不要な改善です。また、なによりも既存モデルMFC-J6973CDWには互換インクが存在し、ランニングコストを圧倒的に抑えることができるばかりか、プリンター本体価格自体も大幅に安いのでA3フルモデルインクジェット複合機であるのにも関わらず、お手頃で導入できるメリットがあるからです。

 

耐久性も10万枚あれば十分、もし耐久枚数を超えてしまっても急に壊れるということはあり得ませんし、壊れたらまた購入すればいいでしょう。

 

既存モデルMFC-J6973CDWを激安購入する

 

 一方で、MFC-J6980CDW自体は、耐久性の向上、ドキュメント印刷につよい4色顔料インクを搭載、多様な用紙にも対応した多目的トレイを搭載など改善点は多く見られます。
 ビジネスでたくさん印刷して、様々な用紙も印刷したい!という方なら、新機種MFC-J6980CDWを購入してもいいでしょう。

MFC-J6980CDWを激安購入する

ブラザー(brother) MFC-J6980CDWとMFC-J6973CDWの違いを徹底比較!関連ページ

ブラザー(brother) DCP-J968NとDCP-J963Nの違い
2016年-2017年のブラザープリビオ(PRIVIO)シリーズの最上位モデル、DCP-J968Nは前機種DCP-J963Nと何が違うのか?業界人「M」が徹底比較します!
DCP-J968Nのインクを半額以下で購入する方法
ブラザーPRIVIO(プリビオ)シリーズの人気プリンターDCP-J968Nのインクを激安・半額以下で購入する方法、知ってました?
ブラザー(brother) DCP-J567NとDCP-J562Nの違いを徹底比較!
2016年-2017年のブラザープリビオ(PRIVIO)シリーズの最上位モデル、DCP-J567Nは前機種DCP-J562Nと何が違うのか?業界人「M」が徹底比較します!
ブラザー(brother) MFC-J737DNとMFC-J730DNの違いを徹底比較!
2017年のブラザーの電話機付ファックス複合機MFC-J737DNは前機種MFC-J730DNと何が違うのか?業界人「M」が徹底比較します!
ブラザー(brother) MFC-J6980CDWとMFC-J6995CDWの違いを徹底比較!
2017年発売のブラザーのA3ビジネスインクジェット複合機、MFC-J6980CDWとMFC-J6995CDWは何が違うのか?業界人「M」が徹底比較します!

トップ 2016年-2017年新プリンタ コピー機・複合機が安い?