エプソン EPSON PX-049A PX-048A

エプソン(EPSON)プリンター PX-049Aは前機種PX-048Aと何が違うのか?

 2016年-2017年のカラリオ(Colorio)シリーズエントリーモデルとして、

 

PX-049Aが発売されました!

 

安くてコンパクト、

 

でも非常に使い勝手がいい機種として、

 

人気のインクジェット複合機ですよね。

 

 PX-049Aは、

 

前機種PX-048Aと比べて何が違うのか!?

 

 

業界人「M」が

 

両プリンターを徹底比較しながら違いについてご説明します!

PX-049AとPX-048A 基本スペックの違い

 エプソンの2016年-2017年のカラリオ(Colorio)シリーズの中で、PX-049Aは本体価格が一番安いので、お手軽に購入できるとして人気のカラリオ(Colorio)シリーズエントリーモデルのプリンターです。前機種PX-048Aの後継機種にあたりますが、ではPX-049AはPX-048Aに比べてどこが変わったのか?まずは基本スペックの違いから見てみましょう。

 

PX-049AとPX-048A 基本スペック比較

新機種PX-049A

前機種PX-048A

本体サイズ

390×300×145㎜

390×300×145㎜

質量

約3.9㎏

約3.9㎏

最高解像度

5760×1440dpi

5760×1440dpi

インク色数

4色、顔料、独立型インク

4色、顔料、独立型インク

対応インク

リコーダーシリーズ

リコーダーシリーズ

カラー液晶モニター

―――

―――

タッチパネル

―――

―――

インターフェイス

無線LAN

無線LAN

自動電源ON/OFF

OFFのみ

OFFのみ

排紙トレイオープン

―――

―――

給紙方法

リア(背面)トレイ

リア(背面)トレイ

給紙容量

A4:50枚、はがき:20枚

A4:50枚、はがき:20枚

自動両面印刷

―――

―――

CD/DVD印刷

―――

―――

メモリーカード印刷

―――

―――

コピー・スキャナー

1200dpi×2400dpi

1200dpi×2400dpi

FAX・ADF

―――

―――

印刷コスト(L判/大容量インク)

―――

―――

印刷コスト(L判/標準インク)

27.5円

27.5円

印刷スピード(L判)

約74秒

約10.5秒

PX-049AとPX-048A比較 どこが変わったか?

 エプソンのカラリオ(Colorio)シリーズエントリーモデルPX-049Aは、前機種PX-048Aと比較してどこが変わったのでしょうか?
 上記のPX-049AとPX-048Aの比較表を見ても分かる通り、明らかなマイナーチェンジで、しかもスペックは劣化しています。

 

 PX-049AとPX-048Aの基本スペックはほぼ一緒であるのにも関わらず、印刷速度は大幅に落ちていますので、どちらを購入しようか迷っている方はPX-048Aを購入するのがおすすめです。前機種PX-048Aは型落ち品としてPX-049Aに比べてプリンター本体価格が圧倒的に安いからです。

 カラリオ(Colorio)シリーズなどのインクジェットプリンターは毎年新しいモデルがリリースされますが、数年間マイナーチェンジが繰り返され4-5年たつと大規模なフルモデルチェンジが行われる傾向にあります。大きな技術革新がわずか1年足らずで起こるはずはなく、それでも1年ごとにマイナーチェンジを繰り返さなければならない理由は値崩れにあります。プリンターメーカーは1度値段が下がってしまった価格を値上げはしにくいために、品番を変えて市場価格を釣り上げ利益を確保しようとしているのです。消費者のことを馬鹿にした政策だと思います。こんなプリンターメーカーの術中にはまらないために賢くプリンターを購入するようご注意ください。

 

 今回のPX-049Aのマイナーチェンジで唯一救いなのがインクが前機種PX-048Aと同じインクを採用しているということとです。激安の互換インクは、研究開発のため新しいインクが登場して半年か1年ぐらいでようやく市場に出てきますが、PX-048Aと同じインクを採用していますのでPX-049Aのインクも激安で購入することができるからです。

 

 尚、互換インクには品質の悪い粗悪品が世の中にはあふれ、大切なプリンターをトラブルに巻き込んでしまう恐れがありますので慎重に選ぶ必要があります。そんな中で業界人「M」がおすすめするのはインク革命.comの互換インクです。

 

 インク革命.comは7万社を超す企業にも採用されている互換インクメーカーで、DCP-J963N用の互換インクは価格が純正インクに比べ圧倒的に安いにも関わらず、画質・品質が共によいインクです。
 下記の画像ですが、どちらがインク革命の互換インクで印刷されたもので、どちらが純正インクかわかりますか?
PX-049A
左がインク革命のものですが、どちらも判断に悩むぐらい綺麗に印刷できています。

 

互換インク種類

特長

インク革命

7万社以上の企業が採用する信頼できる互換インクです。価格も純正インクより圧倒的に安く、画質もとっても綺麗でおすすめです。

インク革命のPX-049A用互換インクを見てみる

 

 

結論!PX-049AとPX-048A比較 買うならどっち?

 上記を読んで言わずもがなですが、PX-049Aと前機種PX-048のどちらがおすすめかと言えば、間違いなく業界人「M」が前機種PX-048Aをおすすめします。スペックは変わらないどころかPX-049Aよりも優れていてインクも同じ、そして本体価格が型落ち品ということで圧倒的に安いからです。PX-048Aは年末に向けて店頭からどんどん在庫がなくなっていきますので購入を考えているのでしたらできるだけ早い段階で購入されるといいでしょう。

 

PX-048Aを激安で購入する

エプソン(EPSON) PX-049AとPX-048Aの違いを徹底比較!関連ページ

エプソン EEP-879とEP-808の違い
2016年-2017年のエプソン(EPSON)のプリンターEP-879と前機種EP-808の違いについて、業界人「M」が徹底的に比較し、辛口にレビューします。
EP-879のインクを半額以下で購入する裏技
エプソンカラリオ Colorio EP-879のインクって高すぎませんか? 実は、EP-879のインクを半額以下で購入する裏技があるの、ご存知でした?
EW-M770T VS. EP-M570T 徹底比較!
エプソンのエコタンク搭載プリンターEP-M570TとEW-M770Tの違いは?業界人「M」が徹底比較し、両プリンターの違いを解説します!
EP-M570T VS. EW-M660FT 比較!
エプソンのエコタンク搭載プリンターEP-M570TとEW-M660FTの違いは?業界人「M」が徹底比較!
EP-709AとEP-708Aの違いを徹底比較!
2016年-2017年のエプソン(EPSON)のプリンターEP-709Aと前機種EP-708Aの違いは?業界人「M」が両プリンターを徹底比較します!
EP-709Aのインクを半額以下で購入する裏技
エプソンカラリオ Colorio EP-709Aのインクは高い!そんな方、必見です。半額以下でインクを購入する裏技をこっそり教えちゃいます
EP-979A3とEP-978A3の違いを徹底比較!
2016年-2017年のエプソン(EPSON)のプリンターEP-979A3と前機種EP-978A3の違いは?業界人「M」が両プリンターを徹底比較します!
エプソン EP-30VAとEP-879の違い
2016年-2017年のエプソン(EPSON)のプリンター・V-editionとしてEP-30VAが登場!今までのカラリオEP-879と比べて何が違うのか、業界人「M」が徹底解説します!
PX-049Aのインクを半額以下で購入する裏技、教えます【秘】
エプソンカラリオ Colorio PX-049Aのインクは高い!そんな方、必見です。半額以下でインクを購入する裏技をこっそり教えちゃいます

トップ 2016年-2017年新プリンタ コピー機・複合機が安い?