ビジネスインクジェットプリンター おすすめ機種

ビジネスインクジェットプリンター おすすめ機種は?

 ビジネスインクジェットプリンターって、

 

仕事でプリンターをご利用の方なら耳にしたことはあるかと思います。

 

でも、そもそもビジネスインクジェットプリンターの定義って何だと思います?

 

 

 実は厳密には
ビジネスインクジェットプリンターの共通の定義はなく

 

スペックも各メーカーによってバラバラなんです。

 

各メーカーから販売されているビジネスインクジェットプリンターを見ながら、

 

業界人「M」がおすすめのビジネスインクジェットプリンターをご紹介していきます。

 

一番売れているビジネスインクジェットプリンターを見てみる

おすすめビジネスインクジェットプリンター メーカー比較

 

エプソン(EPSON)のビジネスインクジェットプリンター

 エプソンのビジネスインクジェットプリンターは、品番で「PX-」から始まるものが多いです。PXの「P」はおそらく顔料の英語・pigmentから、「X」はよくわかりませんが、顔料インク系のプリンターにはこの品番が使われています。ただしPX-で始まるプリンターが必ずしも全てがビジネスインクジェットプリンターのカテゴリに属するわけではなく、商品によっては「PX-」で始まる品番でも一般ユーザー向けのシリーズ「カラリオ(Colorio)」に属する場合もあるので注意してください。

 

 エプソンのビジネスインクジェットプリンターで特徴的なのは、メンテナンスボックス(メンテナンスタンク)を標準で搭載しているということです。インクジェットプリンターは長年使用し続けていると廃インクが内部にたまっていきますが、その廃インクをメンテナンスボックスで集め定期的に交換することで本体の寿命を延ばすことができます。ビジネスでよく印刷するようなヘビーユーザーにはうれしい機能で、キャノンやブラザーのビジネスインクジェットプリンターにはこの機能はありません

 

キヤノン(Canon)のビジネスインクジェットプリンター Maxify(マキシファイ)

 キヤノンからの販売されているビジネスインクジェットプリンターはMaxify(マキシファイ)というシリーズで全て顔料インクに対応しています。エプソンやブラザーなど他のメーカーがビジネスインクジェットプリンターを展開している中、キャノンはずっと家庭用インクジェットプリンターPIXUSを展開していましたが、コンシューマー市場の鈍化からBtoBでのインクジェットプリンター展開も検討せざるを得なくなったようです。カウンター式の複合機やレーザープリンターを展開しているキャノンにとってビジネスインクジェットプリンターは立ち位置が難しいようで、ビジネスインクジェットプリンターとしてリリースされたものの、スペックもコンセプトもぼやけている印象です。MAXIFYが他社のビジネスインクジェットプリンターに比べて特徴的な要素は持ち合わせていない、といっていいかもしれません。

 

キャノンのビジネスインクジェットプリンターを見る

 

ブラザー(brother)のビジネスインクジェットプリンター

 ブラザーのビジネスインクジェットプリンターはかつてはJUSTIOといったブランドが付いていましたが、現在ではJUSTIOはレーザープリンターのブランドに統一されたようです。ブラザーのビジネスインクジェットプリンターはPRIVIOのNEOシリーズとWORKSシリーズが基本ですが、一部FAX機のBASICシリーズもビジネスインクジェットプリンターのくくりに入っているようです。
 ブラザーのビジネスインクジェットプリンターで特徴的なのは、ビジネスインクジェットプリンターと言いながらカラーには染料インクを使用していること(ブラックは顔料)、比較的コンパクトなサイズで収まっていること、そして最大の特長は電話機を搭載しているモデルがあることです。
 キャノンやエプソンのビジネスインクジェットプリンターはFAX機能は搭載していますが、電話機を搭載しているモデルは存在しません。一台で印刷も、スキャンも、FAXも、コピーも、電話も!という方は、ブラザーがおすすめです。

 

brother ビジネスインクジェットプリンター 電話機付きモデルを見る

 

おすすめビジネスインクジェットプリンター その特長

ビジネスインクジェットプリンターその1 顔料インク

インクには染料と顔料の2種類があります。例えて言うなら染料は水彩画、顔料は油絵。
水に溶けやすく豊かな色の表現ができる染料は写真印刷などに向いているといわれています。
一方顔料インクはにじみにくいので、小さい文字などを印刷してもくっきりと印刷しやすい、という特長があります。

 

もうお分かりですよね。つまりビジネスでは文章をよく印刷しますので、顔料インクが向いていると言われていて、
ビジネスインクジェットプリンターも顔料インクに対応している場合が多いのです。

 

ビジネスインクジェットプリンターその2 耐久性

年賀状印刷がメインの一般ユーザーと異なり、ビジネスでは季節を問わず、とにかく大量に書類を印刷しますよね。そこで求められるのが耐久性。ビジネスインクジェットプリンターは耐久性が高いモデルが多く見られます。一般の家庭用プリンターの耐久性は2-3万枚程度と思われますが(各社公表していないので推測)、ビジネスインクジェットプリンターでは6万枚-8万枚をうたっている機種が見られます。また、インクジェットプリンターは使用していくと不要なインクが機内に少しずつ蓄積されていってしまい、多くなれば不要な蓄積されたインクが紙に付着するなど印刷不良を起こす可能性がありますが、エプソンのビジネスインクジェットプリンターでは、廃インクを溜め、処分するための、メンテナンスボックス、というものが付属しています。廃インクを処分することで、長くプリンターを使用しつづけることができますので、ビジネスには適しているといえます。

 

 

ビジネスインクジェットプリンターその3 ネットワーク

家庭で使う一般ユーザー向けのプリンターはパソコンからの接続がメインだと思いますので、インターフェースはUSBケーブルさえあれば問題ないかと思われますが、ビジネスインクジェットプリンターは社内の何人かでプリンターを共有するため、インターフェースにLANなどのネットワークに対応することが不可欠です。最近では一般向けでも無線/有線LANに対応しているプリンターが多いですが、社内共有という意味では特に有線LANに対応しているかは重要なポイントとなってくるかと思います。勿論、ビジネス上でもスマホやタブレットからのプリントは増えていますので、無線LANが対応していればベターです。

 

 

ビジネスインクジェットプリンターその4 ADF

ADFとはAuto Document Feederの略で、自動原稿送り機能のことです。通常はプリンター上部に設置されていて、まとめてコピー用紙の束をセットすれば、あとは自動的に何枚もプリントできるよう紙を送ってくれます。家庭用一般ユーザー向けのプリンターではあまり大量に印刷する機会も多くないでしょうが、ビジネスでは大量印刷を求められることもあり、ADF機能搭載のプリンターは便利です。

 

ビジネスインクジェットプリンターその5 FAX機能

SOHOなど小さいオフィスでは、プリンターやFAXがバラバラにあると面倒ですが、ビジネスインクジェットプリンターの多くはFAX機能を搭載していますので、プリンターもFAXも1台でカバーできてしまいます。更に、ブラザーのビジネスインクジェットプリンターは電話機を搭載している機種もありますので、電話も別途容易する必要はありません。新しくオフィスを構える方なら、1台で何役もこなすことができるビジネスインクジェットプリンターはおすすめです。

 

【結論】業界人「M」がおすすめするビジネスインクジェットプリンターは?

では、ありとあらゆるプリンターを見てきた業界人「M」がおすすめするビジネスインクジェットプリンターはどんなものでしょうか。
現在一番おすすめだと考えるのは、エプソンのエコタンク搭載インクジェットFAX複合機EW-M660FTです。

何といってもこの魅力は超特大容量による印刷ランニングコストの安さです。
モノクロ1枚0.4円、カラー1枚0.8円は圧巻ですし、1つのインクボトルで6,000枚近く印刷できるというのも魅力です。

 

本体代金は少々高いですが、そもそも約11,000枚印刷ができるインクが同梱しているわけですから、他のインクジェットプリンターの小さくて少ししか刷れないくせに非常に高いインクカートリッジを考えてみれば安いものです。

 

黒には顔料インクを使っているので文字も綺麗、残念ながらカラーは染料インクですが、こちらは好みが分かれるところですがまあいいでしょう。

 

耐久性も5万枚と申し分ないです。ADF機能、スキャナ機能、FAX機能など、ビジネスに必要な機能も十分網羅しています。

 

残念なのは手差し機能がないこと。はがき印刷や厚紙印刷など、ビジネス印刷でいろいろと求められる特殊紙に対応した機能がないというのは、エプソンもどうしたことかと不思議でなりません。

 

想定のプリントボリュームは月間300枚程度ということですので、それよりも少ない印刷量の方はエプソンの少し安めの通常のビジネスインクジェットプリンターPXシリーズを購入してもいいですし、月間プリントボリュームがもっと多い方は印刷速度が速く耐久性も高いレーザープリンターを購入されるのもいいでしょう。

 

エプソン EW-M660FT エコタンク搭載プリンターを激安で購入する

 

ビジネスインクジェットプリンター おすすめは?【業界人が教えちゃいます】関連ページ

キャノンのピクサス(PIXUS) MG7530用のインクを半額以下で買う方法、教えます【秘】
キャノンの人気プリンターピクサス(PIXUS) MG7530用のインクって高いですよね!業界人「M」がインクをお買い得に購入する方法、おしえちゃいます。
売れてるプリンターメーカーはどこ?
プリンターブランドで一番売れているところってどこなの?人気のプリンターメーカーならここ!プリンターメーカーのシェアについて説明します
家庭用モノクロプリンターのおすすめ
モノクロプリンターというと企業で使うイメージがありますが、家庭でもモノクロプリンターを使いたい人は多いはず!そんなあなたにおすすめの家庭用モノクロプリンターをご紹介します
おすすめのモバイルプリンターはどれ?
コンパクトなので持ち運びにも便利、限られた場所にもおけちゃうモバイルプリンター。キヤノン、エプソン、hpから発売されているモバイルプリンターで一体どれがオススメなのか?業界人「M」が徹底解説!
2015年のおすすめプリンターは? 注目のラインナップ一挙公開!
2015年プリンターの新機種でおすすめは一体どれか?業界人「M」が注目するプリンターラインナップを一挙にご紹介します
EP-707Aのインクを半額以下で購入する方法
カラリオの人気モデルEP-707Aのインクを買うときに思うこと、それはインクが高い! でも半額以下で購入できるのなら、うれしくないですか?そんな方法をお教えしちゃいます
カラーレーザープリンター 複合機 おすすめ
カラーレーザープリンター、カラーレーザー複合機ってどれがいいの? 用途別おすすめプリンターを業界人「M」が辛口にご紹介します!
A3プリンター A3FAX複合機 おすすめはこれだっ!
エプソン、キャノン、ブラザーからA3プリンターやA3FAX複合機が発売されました。いったいどれがオススメなのか?実際に見て、触った業界人「M」がこっそりお教えします
BCI-350を激安で購入する方法、教えます。
キャノンのインクBCI-350って高くないですか?業界人「M」なら安く買う方法、知っていますよ。
iX6830のインクを激安で購入する方法とは?
キヤノンの人気プリンターiX6830を激安で購入する方法を、業界人「M」がこっそりお教えします 【極秘】
パナソニック FAX用インクフィルム KX-FAN190 を激安で購入する裏技!
パナソニックのFAX用インクフィルムKX-FAN190って、ちょっと高いと思いませんか?そんなあなたに朗報!激安で購入する得ワザを、業界人「M」がご紹介します!
EP-807とEP-806の違いは!? エプソン(EPSON) の新機種プリンターを徹底比較
エプソンから2014年に新発売されたプリンターEP-807と旧機種EP-806とはどこが違うのか?実際に見て触った業界人「M」が新プリンターを徹底比較!
名刺印刷におすすめのプリンターは?業界人「M」が解説
名刺印刷なら業者に頼む必要はありません。名刺印刷におすすめのプリンターを業界人「M」がお教えします!
知ってました?エプソンプリンター カラリオ(Colorio)EP-806のインクを激安で購入する方法とは?
エプソンの人気プリンターEP-806対応のインクを激安で手に入れる方法、ご存知でした?
MG7530とMG7130の違いは!? キャノン (Canon) の新機種プリンターを徹底比較
キャノンから2014年に新発売されたプリンターMG7530と旧機種MG7130とはどこが違うのか?実際に見て触った業界人「M」が新プリンターを徹底比較!
エプソンEP-807 vs. キャノンMG7530 おすすめプリンターは絶対こっちだ!
エプソン(EPSON)のColorio(カラリオ)EP-807とキャノン(Canon)のPIXUS(ピクサス)MG7530。どちらも2014年新発売で人気No.1になり得るプリンターですが、業界人「M」がおすすめするのは、実はこっちです!
カラリオ(Colorio) EP-977A3 vs. EP-976A3 エプソンの新機種A3プリンターはどこが変わった!?
時々A3でおなじみのエプソンから新しく発売されたA3対応プリンターEP-977A3。旧機種EP-976A3と比べて一体何が変わったのか!?業界人「M」が徹底比較します!
カシオ(CASIO)のプリン写ルPCP-2300 v. PCP-2200 徹底比較してみた!
年賀状印刷に便利なカシオ(CASIO)プリン写ルPCP-2300PCP-2300。旧モデルPCP-2200と比べてどこが変わったのか??業界人「M」が徹底比較してみました!
エプソンプリンター新機種EP-806は何が変わった!?
2013年秋より新発売のエプソンのプリンター・EP-806 これまでのEP-805と比べて何が違うの?
キャノンPIXUS MG7130 VS. エプソンColorioEP-806
人気の両ブランド・キャノン(CANON) と エプソン(EPSON) 2014年新機種のオススメはどっちだ!?
キャノンPIXUS 新機種MG7130は何が変わったか!?
2014年新機種キャノンインクジェットプリンターPIXUS MG7130

MG6330の後継として期待されていたが、一体何が変わったのか!?業界人がわかりやすく解説!
インク 顔料と染料の違いって何?
顔料インク、染料インク…  キャノン、エプソンなどプリンター各社によってインクの特長もさまざまです ここではインクについて解説しています。
リサイクルインクと互換インクの違いとは?
プリンターのインクで、リサイクルインクと互換インクの違いについて、業界人「M」がわかりやすくご説明します
プリンターの各種機能を知ろう
各メーカーの切磋琢磨により、プリンターの機能は日々進化している!プリンターの機能を知ることで、自分にあったプリンター選びの参考にしよう。
A3プリンター エプソンColorio(カラリオ)EP-976A3がすごい!
2014年の新機種としてエプソンから新たに登場したColorio(カラリオ)シリーズのEP-976A3がとにかくすごい!業界人「M」をうならせた驚きのA3プリンターの実力とは!?
エプソンColorio(カラリオ)EP-976A3の魅力に業界人「M」が迫る!
ときどきA3でお馴染み、エプソンColorio(カラリオ)の新機種EP-976A3の魅力をブラザーPRIVIO DCP-J4215Nと比較検証してみよう
年賀状作りにおすすめ!カシオ プリン写ル PCP-2200
パソコンを使わなくても、年賀状が簡単に印刷できる優れもの、カシオ プリン写ル PCP-2200ってご存知でしたか?同じく年賀状作成に便利なエプソンのカラリオME E-840と比較して、魅力に迫る!
キヤノンMG3530 vs エプソンPX-046 どっちが買い?
キヤノン、エプソンの2014年新シリーズで、廉価機種のMG3530とPX-046。シンプルで安いのに、それぞれ機能も超充実!買うならどっちのアイテム?業界人「M」が徹底比較し、コメントします。
ブラザーDCP-J952Nの魅力
プリンターといえば思い浮かぶのはキャノン、エプソン。ちょっと待ってください!大切なメーカーを忘れてはいませんか?
カシオプリン写ル PCP-2200 徹底比較!
パソコンなしで年賀状を簡単に作成できるカシオ(CASIO)プリン写ル。業界人「M」がPCP-2200、PCP-800、PCP-80を徹底比較することでその魅力に迫ります
ポケットフォトPD233♪ こんなに小さくて可愛いプリンターがあるの知ってました?
出かけた時に綺麗な画像をすぐ写真にプリントアウトしたい!って思ったことありませんか?友達と一緒にいった旅行先で、あるいはパーティ会場の記念などなど。そんな時はコンパクトで持ち運びに便利なLGのポケットフォトPD233が便利です!
LGポケットフォトPD239とPD233 どこが違うの?
いつでもどこでも手軽にプリント。持ち運びができる人気のコンパクトプリンター、LGのポケットフォトPD233に、ついに後継機種が新登場。その名もLGポケットフォト「PD239」!その違いは??
キャノンの人気A3プリンターPIXUS iX6830とiP8730を徹底比較!
キャノンから人気A3プリンターPIXUS iP8730とiX6830、どちらがいいのか、業界人「M」が徹底比較して魅力に迫る!
スマホ de チェキがいよいよ発売!instax SHARE SP-1の魅力!
富士フィルムからチェキのモバイルプリンター版、「スマホ de チェキ instax SHARE SP-1」がついに登場。わざわざカメラを買わなくてもスマホさえ持っていれば簡単にその場で写真がプリントできちゃいます!
年賀状作成におすすめのプリンターは?年賀状におすすめのネット印刷は?
プリンターってたくさんあって何を選んでいいかわからないあなた!年賀状作りにおすすめのプリンターや、年賀状ネット印刷サービスについて、業界人「M」が徹底解説します!
EP-807のインクを半額以下で購入する裏技
エプソンの人気プリンターカラリオ(Colorio) EP-807のインクを半額以下で購入できる方法、ご存知でしたか?

トップ 2016年-2017年新プリンタ コピー機・複合機が安い?